予防接種(ワクチン接種)|みずの坂こどもクリニック|瀬戸市みずの坂の小児科・アレルギー科

予防接種について

当院では完全予約制にて接種を行っています。
お子さんの体調などで接種にご不安のある方・スケジュール通りに進んでいないといった方は、お気軽にご質問ください。

当院で接種できる予防接種

定期接種

瀬戸市・尾張旭市にお住いの方は無料で接種することが出来ます。
また当院は「愛知県広域予防接種協力事業協力医療機関」に登録していますので、瀬戸市・尾張旭市以外に在住の方も無料で定期予防接種を受けて頂くことが可能です。
ただし、その際にはお住いの市町村の保健センターに事前に申請をして頂く必要があります。 詳細はこちらをお読みいただくか、窓口スタッフにお尋ねください。


ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチン

ふだんは鼻やのどにいるヒブ・肺炎球菌という細菌が肺に侵入すると肺炎を、脳を包む髄膜に侵入すると髄膜炎を起こします。髄膜炎は更に脳そのものに病気を起こして、後遺症や死亡の原因になります。

以前には沢山のお子さんが髄膜炎に罹っていましたが、ヒブワクチン・肺炎球菌ワクチンが導入された現在はその数は激減しています。肺炎や髄膜炎のような重症な病気は、免疫力の弱い乳児期に多く発症します。ですから生後2か月という早期からヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンを接種することが大切です。

B型肝炎ワクチン

B型肝炎は輸血や性行為でうつる大人の病気というイメージがありましたが、ウィルスに感染した方の、汗・唾液・涙から感染してしまうことがあります。実際に輸血や性行為とは無関係に保育園で、お一人の感染源から集団発生したケースもあります。このため現在では生後2か月からの接種が勧められています。

4種混合ワクチン

ジフテリア・破傷風・百日咳・ポリオ、の混合ワクチンです。百日咳は赤ちゃんに罹ると激しい咳だけではなく、無呼吸発作を起こす可能性があり、現在でも兄弟や親御さんから赤ちゃんへの感染が見られます。

ジフテリア、破傷風、ポリオは今ではほとんど見ることが無くなりましたが、病原体自体が完全に無くなった訳ではないので、生後3か月から接種することが勧められています。

麻疹・風疹ワクチン

麻疹は流行した場合、1000 人に一人は脳炎を発症します。「ワクチンをうたずに麻疹に罹ったけど無事治った」というのは、1000 人のうちの 999 人を見ているに過ぎません。

またワクチン接種率が下がるとそれだけ流行が起きやすくなり、より体力のないお子さんは重症になる危険性が増します。ワクチンを接種することは、ご自分のお子さんだけではなく、他のお子さんをも守る効果があることをご理解下さい。
風疹は妊婦さんが罹ると、先天性風疹症候群という障害を起こす危険があります。
麻疹・風疹ワクチンは1歳と年長の学年に2回接種しましょう。

水ぼうそうワクチン

麻疹と同様に、水ぼうそうも体力の弱ったお子さんや、免疫を下げるような特別な治療を受けているお子さんに罹ると、大変重篤になる危険性があります。
「あるお子さんがワクチンをうたずに水ぼうそうに罹ったけど、問題なく治った」ということと 「すべてのお子さんが問題なく治る」というのは全く違います。
水ぼうそうワクチンは 1 歳から 2 歳のあいだに 2 回接種しましょう。

日本脳炎ワクチン

日本脳炎は日本以外の東アジアから東南アジア、南アジアにかけての温帯地域、熱帯地域に広く流行していて、ワクチンの接種率が下がれば日本でも流行する危険性があると考えられています。3歳になったら早めに接種を受けましょう。



※以下は集団接種となります。
BCGは瀬戸市やすらぎ会館、尾張旭健康福祉センターで集団接種が行われます。
詳しくは瀬戸市、尾張旭市のオフィシャルサイトをご覧ください。

任意接種

以下の接種料金となります。

(生)おたふくかぜ 7,000円

(生)ロタウイルスワクチン

9,000円×3回 合計6000円の公費補助があります。

(不活)インフルエンザ

6か月以上13歳未満 3500円×2回
13歳以上     3500円×1回

*ロタウィルスワクチンは令和2年度10月から定期接種になる予定です。
*おたふくかぜワクチンも将来定期接種になると予想されます。

どちらも高い予防効果の証明されたワクチンですので、有料ですが接種することをお勧めします。

生ワクチンと不活化ワクチン

ワクチンには「生ワクチン」と「不活化ワクチン」があり、 次に他のワクチンを接種するまでの期間にルールがあります。

生ワクチン(ロタウィルス、BCG、麻疹・風疹、水ぼうそう、おたふくかぜ)

生きた病原菌の毒性を弱めたもので、その病気にかかったのに近い免疫(抗体)ができます。

そのため、接種直後に体内でワクチンの病原菌が増殖するので、発熱や発しんなどの軽い症状が出ることがあります。 抗体ができるのに約1か月かかるため、次の予防接種までは27日以上あける必要があります。(4週間後から接種が可能です)

不活化ワクチン(Hib、肺炎球菌、B型肝炎、4種混合、日本脳炎、インフルエンザ)

病原菌を殺し、免疫を作るのに必要な成分を取り出して、毒性をなくしたものです。抗体を作るためには何度か接種する必要があります。
種別の異なる予防接種までは6日以上あける必要があります。(1週間後から接種が可能です。)

生ワクチン(ロタウィルス、BCG、麻疹・風疹、水ぼうそう、おたふくかぜ)

⇒4週間以上空けて、生ワクチン又は不活化ワクチンを接種

不活化ワクチン(Hib、肺炎球菌、B型肝炎、4種混合、日本脳炎、インフルエンザ)

⇒1週間以上空けて、生ワクチン又は不活化ワクチンを接種

子宮頸がん予防ワクチンについて

日本では毎年約10,000人の女性が子宮頸がんを発症し、そのうち約3,000人の方が死亡されています。特に20~30代の若い女性に増加傾向です。
積極的に子宮頸がん予防ワクチンを接種している欧米やオーストラリアでは患者数は激減して、その効果が証明されていますが、日本では副作用、特にけいれんや不随意運動の動画がセンセーショナルに報道されたため、接種をする方はごく少数です。
その後の調査でワクチンの副作用とされた24項目の症状が、ワクチンを接種していない同年代の女性にも同じ頻度で発生していることが示されたことはほとんど報道されていません。
24項目の中には(A)月経不順・関節や体の痛み・頭痛・倦怠感・集中できない・脱力・視力低下・学力低下といった不定愁訴的(=やや軽い)症状と、(B)体が自分の意思に反して動く・普通に歩けなくなった・杖や車いすが必要になった等の重篤と思われる症状が含まれています。前述のけいれんや不随意運動も(B)に当たります。
(A)の症状がワクチン接種の有無にかかわらず、いつ誰にでも起こりうることは理解しやすいと思います。
(B)の一見重篤な症状も「脳・神経や筋肉の病気」ではなく「心身の反応」で、けいれんや不随意運動は「偽の発作」だと考えられています。ワクチン未接種の方にも同じように起こっているのは、思春期の女性がそれだけ繊細で、日常の出来事がきっかけにこうした状況になりうることを示唆しています(アルプスの少女ハイジのクララを思い浮かべるといいかもしれません)。
みなさんがこの文章を読んで、子宮頸がんワクチン接種に関心を持たれることを願っています。

予防接種を受けるときの注意

★接種を受ける際は、母子手帳をお持ちください!

【1】 体調のよいときに接種しましょう。

体温が37.5℃以上あるとき、体調の悪いとき等の接種はお勧めできません。 お薬を飲んでいるときは接種できない場合もあるので、接種時に必ずお知らせください。

【2】 感染症(ウイルス性疾患)にかかった場合

病気になった後に予防接種をする場合、その病気のためにワクチンの効果が悪くなる可能性があります。

以下は、およその目安として参考にしてください。

治ったあと、4週間程度あけるもの

麻しん

治ったあと、2~4週間程度あけるもの

風しん、おたふくかぜ、水ぼうそう、溶連菌感染症

治ったあと、1~2週間程度あけるもの

突発性発しん、手足口病、ヘルパンギーナ、インフルエンザ、咽頭結膜炎(プール熱)、 伝染性紅斑(りんご病)、単純性ヘルペス感染症、マイコプラズマ肺炎など

感染症にかかった兄弟やお友達と接触があった場合、本人がかかっていなければ、2週間(潜伏期間)くらい様子をみてください。 発病しなければ、接種可能です。

予防接種関連サイト

集団接種のスケジュール等が公開されています。 お住まいの地域の情報サイトを確認しておきましょう。

肺炎球菌ワクチンの接種について(任意接種)
接種開始月齢は「2カ月以上5歳以下」です。
接種開始月齢により、接種スケジュールが異なります。四種混合ワクチンやHibワクチンと同じ接種スケジュールのため、同時接種が認められています。

接種開始月齢 2か月以上
6か月未満
7か月以上
12か月未満
1歳以上
2歳未満
2歳以上
5歳未満
初回免疫 4週間以上の間隔で3回 4週間以上の間隔で2回 60日以上の間隔で2回 1回接種のみ
追加免疫 3回接種後、60日以上あけて
12~15か月齢に1回
2回接種後、 60日以上あけて
12か月齢後に1回
不要 不要
合計接種回数 4回 3回 2回 1回

肺炎球菌による細菌性髄膜炎は、約半数が0歳代で感染しています。できれば生後2か月になったら早めに接種しておくことが望ましいでしょう。

みずの坂こどもクリニック

住所
〒489-0909
愛知県瀬戸市みずの坂5丁目33
電話番号
0561-48-8400
診療内容
小児科・アレルギー科
院長
中川 篤俊
休診日
木曜午後・土曜午後・日曜・祝日

一般診療一般診療 予防接種・乳児検診・アレルギー外来 木曜日予防接種・乳児検診・アレルギー外来
※木曜日 9:00~10:309:00~10:30/ 10:30~12:0010:30~12:00
※第1、第4土曜日は一般診療後、予防接種

診療時間  月   火   水   金   土 
09:00~12:00 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療
15:00~16:00 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療
16:00~17:00 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療
17:00~19:00 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療 通常診療

ページ
TOPへ